>  > プライベートのような破壊力

プライベートのような破壊力

ちょっと前に風俗でお世話になったのは人妻だったんですよ。人妻に対して特別な思い入れがある訳ではないんです。ただ単に美人だなと思った風俗嬢が人妻だったって話なんですけど、人妻、しかもデリヘル。この二つが組み合わさる破壊力は相当なものなんじゃないかなと思いました。人妻とプライベートで会っているかのような気持ちになっていくんですよね。それもそのはず、受付もなければ本当にその人妻としか顔を合わせないんです。サービスを利用した時間じゃなくてプライベートなんじゃないかと錯覚させられるのも当然なんじゃないかなと。でもそれがかえって破壊力のある時間になったんですよね。まさに不倫しているかのような気持ちというか、きっと不倫する時ってこういったドキドキ感があるんだろうなって思いました。そして一度あの興奮を味わうと、癖になってしまうであろう快感だなってことも良く分かったので、今後は人妻は自分の中で要チェックだなって。

確かにあれは凄かった

確かにあの日の風俗は自分でもそうとう良いものだって思っています。何をされたとかしたとかではないんです。その日の風俗嬢のKちゃんの雰囲気は理屈をすべて吹き飛ばすかのような素晴らしいものだったんですよね。彼女との時間は理屈抜きに満足感を覚えました。あの柔らかくて豊満なおっぱい。見ているだけでもこちらは興奮を覚えるような巨乳でしたけど、彼女はそれだけじゃないんですよ。彼女はその豊満なおっぱいを持ちつつ、更には素晴らしい感度まで持ち合わせている女の子だったんですよね。何せしまいには自分でも触りだす始末(笑)彼女が興奮してくれるのであればこちらとしては止める必要もないので彼女が感じている姿を思い切り楽しんでいましたし、その姿を見てこちらも更に興奮したので、より一層自分の中でテンションが高まっていったのを覚えています。これまでにあまり味わったことがないタイプの風俗嬢なだけに、気持ちの面でもいろいろと楽しめたかなと。

[ 2016-10-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談